コラムページ
煙台市投資促進局とは
煙台市投資環境
重要ニュース
煙台観光
お問い合わせ
対外誘致プロジェクト
 
トップページ >> 重要ニュース
最新報告書「中国は国家イノベーション指数で世界14位」
发布日期:2021-06-07浏览次数:字号:[ ]

   中国科学技術発展戦略研究院は3日、浦江イノベーションフォーラム2021で「国家イノベーション指数報告2020」を発表した。それによると、中国の国家イノベーション指数は総合ランキングで世界14位になり、前年から1つ順位を上げ、発展途上国としては唯一、上位15位以内に入った。

   同指数は国の総合的イノベーション能力を反映する重要な指標であり、今回発表された報告では、「ここ数年、中国のイノベーション資源の投入が増加を続けており、知識を創造する力が増強を続け、企業のイノベーション能力が安定して向上し、イノベーションの成果が日に日に顕在化し、イノベーション環境が目に見えて改善された」との見方が示された。

   具体的な得点を見ると、中国の国家イノベーション指数は72.5点で、前年比2.6点上昇し、10-13位に並んだ英国、フィンランド、フランス、アイルランドとはわずか0.2-1.8点の差になり、開きがさらに縮まった。

   中国のイノベーション力が安定して上昇し、同じ経済発展レベルの国を大幅に上回った。18年の中国の1人あたり平均国内総生産(GDP)は9771ドル(1ドルは約110.2円)で、世界の主要40ヶ国の中ではインド、南アフリカ、ブラジル、トルコ、メキシコを上回るだけだった。しかし中国のイノベーション指数の得点はすでに1人あたり平均GDPが5万ドル前後の欧州諸国に迫った。

   同報告の研究によると、世界のイノベーション構造は引き続き安定し、世界のイノベーション版図の重心が徐々に東へ移っている。同指数の歴年の結果を分析してわかるのは、主要40ヶ国は3つのグループに分けられるということだ。1つ目のグループに入る総合指数上位15位の国は主に欧米の先進エコノミーで、いずれもイノベーション型国家と認められている。16-30位の国はその他の先進国や少数の新興のエコノミーで、2つ目のグループに入る。30位以降は発展途上国が多く、3つ目のグループに入る。

   各国の順位を見ると、米国は優位性が全面的であり、世界でイノベーション能力が最も高い一つの極であり、国家イノベーション指数総合ランキングで今年も首位に立った。欧州地域はイノベーション能力が全体的に力強い地域で、9ヶ国が第1グループに入り、第2グループはこのエリアの国が中心だった。

   同報告によると、国家イノベーション指数を構成する5つの一級指標のうち、中国は「イノベーション資源」と「イノベーション環境」でいずれも前年より1つ順位を上げ、「知識創造」と「企業のイノベーション」は前年と変わらず、「イノベーションの成果」の各指標の間に引き続き大きな開きがあった。




打印本页 关闭窗口
烟台市投资促进局    TEL:0086-535-6291429 /6288947    FAX:0086-535-6288934
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统