コラムページ
煙台市投資促進局とは
煙台市投資環境
重要ニュース
煙台観光
お問い合わせ
対外誘致プロジェクト
 
トップページ >> 重要ニュース
中国の新エネ車台数が世界の約半分に
发布日期:2021-06-21浏览次数:字号:[ ]

   中国自動車工業協会がまとめた最新の統計によると、2021年5月末現在、中国の新エネルギー自動車の保有台数は約580万台に上り、世界の新エネ車保有台数のうち約50%を占めた。1-5月の中国での生産量は96万7千台、販売量は95万台で、いずれも前年同期比2.2倍増加し、市場浸透率は8.7%に上り、力強い成長の勢いを見せた。

   この10年あまりの発展を経て、中国の新エネ車産業チェーンは川上から川下までが効果的に連携して、バッテリー、モーター、制御システムなどの中核技術は基本的に独自化されたものになり、産業全体の発展レベルは世界の上位レベルに躍進した。

   これと同時に、新エネ車をめぐる環境が日に日に整備・改善され、今年4月末現在、全国に設置された充電ステーションは6万5千ヶ所、バッテリー交換ステーションは644ヶ所、各種の充電ポールは187万基で、176都市をカバーする5万キロ超の高速道路急速充電ネットワークが完成した。

   同協会の説明によると、新型コロナウイルス感染症の打撃に直面しても、中国自動車市場は引き続き安定を保った。2020年の生産・販売の減少幅は2%以内にとどまり、生産量が世界に占める割合は32.5%に達し、過去最高を更新した。中国自動車市場の安定は、世界の自動車メーカーにしっかりした経営の支えを提供したという。   

   予測では、今後5-8年間で、中国は国IV基準以下の使用中の車両が徐々に廃棄や買い換えになり、新エネ車市場に大きな発展の可能性が与えられる。今後5年間は生産・販売量の増加率が40%以上をキープするという。







打印本页 关闭窗口
烟台市投资促进局    TEL:0086-535-6291429 /6288947    FAX:0086-535-6288934
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统