コラムページ
煙台市投資促進局とは
煙台市投資環境
重要ニュース
煙台観光
お問い合わせ
対外誘致プロジェクト
 
トップページ >> 重要ニュース
中国で免疫の壁を構築するため 9−12億人に接種する必要ある
发布日期:2021-02-02浏览次数:字号:[ ]

    新型コロナウイルスが発生し、ウイルスと全人類の「戦争」が勃発した。感染対策の力強い武器として、ワクチンが多くの人から期待されている。このワクチン開発攻略戦において、国薬集団中国生物技術股份有限公司(以下「中国生物」)を始めとする中国企業が先頭を走り続けている。

新華毎日電訊の記者は、中国生物の楊暁明会長のインタビューを行った。

    質問:中国の人口は14億人弱だが、ワクチン接種により免疫の壁と保護壁を作るにはどの程度の接種率が必要でしょうか。

    答え:新型コロナウイルスが発生するまで、中国にはハイレベルバイオセーフティ生産施設がなかった。当社はハイレベル病原微生物実験室の建設基準と自社の生産プロセスの特徴を鑑み、北京市と武漢市で新型コロナウイルス不活化ワクチンハイレベルバイオセーフティ生産ラインを建設した。国の関連部門の検査と認証を経て量産化に入っており、生産能力は年内に10億本以上にのぼる見通しだ。

    これまでのワクチン予防接種の効果の観察に基づき、かつ新型コロナウイルスワクチン臨床試験の保護率と結びつけて考えると、堅固な集団免疫の壁を形成するためには理論上、70−85%前後のワクチン接種が必要だ。つまり中国の接種対象者は9−12億人になる。





打印本页 关闭窗口
烟台市投资促进局    TEL:0086-535-6291429 /6288947    FAX:0086-535-6288934
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统