コラムページ
煙台市投資促進局とは
煙台市投資環境
重要ニュース
煙台観光
お問い合わせ
対外誘致プロジェクト
 
トップページ >> 重要ニュース
ファーウェイが米のルール変更圧力に「解決策あると信じる」
发布日期:2020-05-20浏览次数:字号:[ ]

「当社の業務への影響は免れないが、過去1年間の試練を経て私たちは何事にも動じなくなっており、すぐに解決策を見つけられると信じている」。華為(ファーウェイ)の輪番会長・郭平氏は18日に行われたファーウェイ第17回グローバルアナリストサミットの開幕式で、米商務省がファーウェイに対して打ち出した輸出規制の新規定に対し、このように正面から回答した。新華社が伝えた。

ファーウェイは、「米商務省のファーウェイを狙い撃ちした直接的な製品のルール変更に強く反対する。このルール変更の影響はファーウェイ1社に及ぶだけでなく、世界の関連産業にも深刻な打撃を与えることになる。長期的にみれば、チップなどの産業におけるグローバル協力の信頼の基礎が破壊されることになり、産業内部の衝突や損失がさらに大きくなる」としている。

郭氏は、「ファーウェイはこの動きについて全面的な検討を進めている。米政府が許せば、ファーウェイは引き続き米国企業の製品を購入する。またファーウェイは(米国企業以外の)他のサプライヤーにより関心を寄せ、これを育成し、より競争力を備えたサプライチェーンを構築することにもなるだろう」と述べた。

米国の抑圧行動に強く反対

商務部の報道官が17日に米輸出規制新規定についてコメントを発表した後、ファーウェイも18日に米国の抑圧がエスカレートしていることに対してコメントを発表し、「ファーウェイは米商務省がファーウェイを狙い撃ちした直接的な製品のルール変更に強く反対する」と述べた。

ファーウェイの指摘によると、2019年5月16日に米政府がファーウェイをエンティティリスト(輸出規制対象リスト)に理由もなく加えて以来、大量の産業技術要素が持続的に取得できなくなった状況の中、ファーウェイは終始一貫して適用される法律法規を遵守し、顧客やサプライヤーとの契約の義務を履行しようと努め、困難な中で生き残り、前進発展しようと努力してきた。しかし米国政府はファーウェイの発展をさらに抑圧しようと、多くの業界団体や企業の懸念を無視して、直接的な製品のルールを歯止めもなく変更し、変更後のルールは非常に横暴で産業を破壊する力をもつものだった。

ファーウェイによると、このようなルールの下では、世界170数ヶ国がファーウェイ製品を使用し構築してきた数千億ドル規模のネットワークの拡大、維持、持続的な運営が打撃を受けることになり、ファーウェイの製品とサービスを利用する30億を超える人々の情報通信も影響を受けることになる。米政府は他国の先進的企業を抑圧するために、ファーウェイの世界中にいる顧客と消費者の権利を顧みずにいる。このことは米国がこれまでずっと吹聴してきたサイバーセキュリティ保護の主張と自己矛盾するものだ。

郭氏は、「今の世界にはすでに一体化した協力システムが構築されており、このシステムはひっくり返るべきではないし、ひっくり返ることはできない。標準と産業チェーンの分裂はどちらにもメリットはなく、産業全体に深刻な打撃を与えることになる。産業界は共に努力し知的財産権保護を絶えず強化し、市場の公平性を絶えず保護し、世界統一の標準システムと分業協力による供給チェーンシステムを確保するべきだ」と呼びかけた。

すぐに解決策を見つけられると信じている

郭氏は、「ファーウェイの業務への影響は免れない」としつつ、「過去1年間の試練を経て私たちは何事にも動じなくなっており、すぐに解決策を見つけられると信じている」と述べた。

郭氏は、「過去1年間、ファーウェイのキーワードは『穴を埋める』だった。大量の産業技術が取得できない状況の中、ファーウェイは困難な中で生き残り、前進発展しようと努力してきた」と述べ、「過去1年間にファーウェイはソースコード6千万行以上を開発し、シングルボードコンピューターのソフトウエア・ハードウエアを1800点以上開発し、世界で8588億元(約12兆9694億円)の売り上げを達成し、新たな供給品を選択して、非常に大きな努力をし、非常に大きな代償を支払ってきた」とデータを踏まえて振り返った。

郭氏は、「うれしいことに私たちは今も生きている。私たちは圧倒的多数の顧客、協力パートナー、ファーウェイ社員たちの信頼と承認を獲得した」と述べた。

また郭氏は、「生き残りを図ることがファーウェイの現在のキーワードだ。2019年に米企業から187億ドル(約2兆80億円)の調達を行っており、米政府が許せば、引き続き米企業の製品を購入する。またファーウェイは(米国企業以外の)他のサプライヤーにより関心を寄せ、これを育成し、これと共に成長し、共にイノベーションを行い、より競争力を備えたサプライチェーンを構築することにもなるだろう。米国は引き続いてファーウェイを封殺しようとしているが、ファーウェイは封鎖や孤立主義には向かわず、グローバル化と多様化の戦略を堅持する」と強調した。

ファーウェイはメディアに発表した声明の中で、「ファーウェイはこの動きについて全面的な検討を進めている。私たちは解決策を見いだすために最大限の努力をするし、顧客とサプライヤーが私たちとともにこの差別的なルールがもたらすマイナス影響をできる限り払拭することも願う」としていた。

郭氏は、「ICT(情報通信技術)のインフラはスマート世界の土台だ。2025年には、デジタル経済の規模は23兆ドル(約2470兆円)に達し、ICT産業の未来は引き続き希望に満ちたものになる。これからの20-30年で人類の社会は必ずスマート社会に向かい、スマート世界の入り口に立つことになり、ICT産業は競争よりもチャンスの方がずっと多い」と述べ、産業の見通しへ厚い信頼を寄せた。(編集KS)

「人民網日本語版」2020年5月19日




打印本页 关闭窗口
烟台市投资促进局    TEL:0086-535-6291429 /6288947    FAX:0086-535-6288934
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统