コラムページ
煙台市投資促進局とは
煙台市投資環境
重要ニュース
煙台観光
お問い合わせ
対外誘致プロジェクト
 
トップページ >> 重要ニュース
ケンタッキーが人造肉使用の「ベジタリアンメニュー」
发布日期:2020-10-14浏览次数:字号:[ ]

ケンタッキーフライドチキンは12日に公式微博(ウェイボー)を通じて、同日より植物性タンパク質を原料とする代替肉商品シリーズを打ち出すことを明らかにした。「植世代」と銘打ち、代替肉を使用したビーフチーズハンバーガーとゴールデンナゲットの2つの商品で、セットもある。まず北京、上海、広州、深セン、杭州、武漢の6都市で販売し、北京地区では西単デパート、宣武門、朝陽門などの37店舗で販売するという。「北京日報」が伝えた。

ケンタッキーによると、「植世代」シリーズの肉類商品にはすべて代替肉を使用しており、これには良質のタンパク質が含まれ、エネルギーと栄養素の両方が摂取できる。

代替肉の原料は主にエンドウ豆のタンパク質で、加熱する、冷却する、加圧するなど現代の技術を駆使して肉類のタンパク質がもつ繊維の食感を再現しながら、タンパク質の含有量は肉類を下回らない。これまでに行われた「代替肉の公式テスト」では、参加者の多くから口当たりと風味が高く評価された。ケンタッキーだけではなく、ここ半年ほどの間にスターバックスや喜茶などの大手外食チェーンも相次いで代替肉のナゲット、スナック、ハンバーガーなどを売り出し、代替肉商品は今ではさまざまなブランドの数千店を超える店舗を通じて各地に広がる。注目されるのは、代替肉商品の価格は相対的に庶民的で、肉を使った同タイプの商品より少し高いだけということだ。

しかし中国の食品産業アナリストの朱丹蓬氏は、「代替肉業界は今はまだスキマ商品にとどまり、導入期から抜け出せていない。消費者はこうした商品に新鮮さを感じ好奇心をかき立てられるが、同時に安全面、栄養面などへの疑問も感じている。将来は代替肉が人々の日常生活における非常に重要な副食品になる可能性があるが、本物の肉に完全に取って代わろうとすると、おそらく非常に長い道のりを歩まなければならないだろう」との見方を示した。(編集KS)





打印本页 关闭窗口
烟台市投资促进局    TEL:0086-535-6291429 /6288947    FAX:0086-535-6288934
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统